金沢大学医薬保健研究域保健学系

検査技術科学専攻Webサイト

大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻・医療科学領域病態検査学講座

医薬保健学域保健学類・検査技術科学専攻

   

トップページ

 

検査技術科学とは

 

教育内容

 

研究内容

 

メンバー

 

 

 

 

リンク

 

金沢大学Webサイト

 

金沢大学医薬保健研究域

保健学系Webサイト

 

 

教育内容

 

学類(学部教育

 

大学院教育

 

 

●学類(学部)教育

 

 

血液学講義の様子

 

 

臨床検査技師になるために必要な基礎医学の基本知識を理解し、

臨床検査の方法論、データの活用、解析方法などを学ぶ

 

臨床検査は、病院などで患者の全身状態を把握し、病気の診断を確定させる上で最も重要な情報を得るために欠かせないプロセスです。この臨床検査の基本を理解し、正しく実践するために、検査技術科学専攻では以下の教育プログラムをすすめています。

 

共通教育科目(1年〜2年前期)

 

検査技術科学専攻での専門分野の学習の前に一般教養および外国語を学びます。ここでは、医療に携わる者として必要な科学に関する基本概念や社会性、情報管理、海外からの情報を得る或いは海外に発信する、コミュニケーションをはかるために必要な国際性を養ってゆきます。

 

初学者ゼミ(1年前期)

 

検査技術科学専攻に進学した学生たちが具体的にどのような方向に進み、社会で活躍していくのかを学ぶのが初学者ゼミです。専攻担任による説明を中心に、学生同士のディスカッションや病院見学、課題研究などを通じて、自分のこれから学ぶべき方向性を理解してゆきます。

 

専門科目(1年後期〜4年)

 

臨床検査技師になる、医療科学に関する研究者や専門職になるために必要な科目を修得してゆきます。代表的なものを以下に挙げます。

 

1)臨床検査学概論、検査機器概論

臨床検査を行うための基礎知識並びに臨床検査に用いる医療機器などの内容などについて学びます。

 

 

 

 

2)解剖学、解剖学実習

人体の構造(骨、血管、神経、臓器、その他組織構造)について学びます。

 

 

3)生理学、臨床生理学

生理学:解剖学で学んだ各組織がどのように活動して生命機能を維持させているのかを細胞および組織レベルで学びます。

臨床生理学:生理学で学んだ内容を基に実際に臨床検査で行われている生理学検査の原理と詳細について学びます。

 

 

 

4)生化学、臨床化学

生化学:生理学で学んだ細胞、組織機能を動かす原点は、代謝(異化「エネルギー産生」)と同化(人体骨格の形成と維持)の連続で成り立っています。その詳細から生命現象の基盤を分子レベルで理解出来るように学んでゆきます。

臨床化学:「臨床化学」とは血液の血清成分を生化学的に測定する科学です。臨床での血液検査の基礎をなす技術であり、新しい疾患が発見されるきっかけとなります。その概要について学びます。

 

 

生化学実習の様子 

写真左:生化学反応による色の変化をみる.写真右:吸光度測定.

 

 

5)病理学、病理検査学

病理学:病気(疾患)を発症機構別にわけて理解するとともに、それぞれの疾患の成り立ちについて解剖学的、細胞生物学的視野に立って学んでゆきます。

病理検査学:病理診断に必要な病理標本などの作製や細胞診の方法などを学びます。

 

 

写真左:病理組織像.写真右:病理標本作製(病理検査学実習)

 

 

6)血液学・臨床血液学

人体の生理機能を維持する上で基盤となり、かつ臨床検査の最も重要な検体となる血液について詳しく学び、実際に血液・血清を用いた検査項目や輸血に関する基本知識並びに検査方法を学びます。

 

  

写真左:白血球、リンパ球の形態の学習.写真右:実習(採血実習)の様子

 

 

7)微生物学・臨床微生物学

感染症の原因である病原微生物(細菌、真菌、ウイルス、原虫など)やそれらが産生する毒素について理解し、その特徴と微生物検査による同定方法を学ぶと共に、それらによって発症する感染症の成り立ちについて学びます。

 

 スライド13

写真左:A群レンサ球菌(Streptococcus pyogenes).グラム染色した顕微鏡像(x1,000)

写真右:寒天培地上にみられる各種病原細菌の集落(コロニー)

 

 

8)免疫学・臨床免疫学

人体は、自分の組織(自己)とそれ以外のもの(非自己)を認識し、自己以外を排除する機能(免疫)を有しています。この免疫機能と、免疫による利点(病原体に対する感染防御など)と欠点(アレルギーや免疫疾患)について学びます。また、免疫機能に関する検査方法についても学びます。

 

図:免疫担当細胞による獲得免疫機構の模式図

 

 

9)公衆衛生学

個人や社会全体が健康的な生活を送るために必要な環境要因や保健活動などについて学びます。

 

 

10)医用工学

検査機器による測定に欠かせないエレクトロニクスの基礎を学び、検査機器に使われる電子素子、電子回路の基本動作原理とその安全対策を学びます。

 

 

写真:医用工学実習の様子

 

 

卒業研究(3年後期〜4年前期)

 

3年生の後期から4年の前期まで、本専攻をはじめ、本学医学系やがん研究所などの各研究室に配属し、研究室の指導の下で医療科学に関する最先端の研究を行います。このカリキュラムの最後に「卒業研究発表会」で研究内容を発表すると共に、その内容を論文としてまとめて提出します。

 

 

写真左:研究の様子. 写真右:卒業研究発表会の様子.

 

 

臨地実習(4年後期)

 

4年生の後期では、実際に医療機関に出向いて臨床検査の実習を行います。この実習を通じて、医療機関における臨床検査技師の立場と役割、そして臨床検査技師として成すべきこと(技術的なことは勿論、臨床検査技師として必要な職務姿勢・態度、接遇なども含めて)を学習していきます。

 

 

 

 

Copyright © 2015 Department of Laboratory Sciences, Division of Health Sciences,

Kanazawa University Graduate School of Medical Science. All Rights Reserved.