金沢大学医薬保健研究域保健学系

検査技術科学専攻Webサイト

大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻・医療科学領域病態検査学講座

医薬保健学域保健学類・検査技術科学専攻

  

トップページ

 

検査技術科学とは

 

教育内容

 

研究内容

 

メンバー

 

 

 

 

リンク

 

金沢大学Webサイト

 

金沢大学医薬保健研究域

保健学系Webサイト

 

 

検査技術科学とは

 

   検査技術科学専攻の目的、教育方針

 

   検査技術科学専攻学生進路

 

 

検査技術科学専攻の目的、教育方針

 

 

平成26年度金沢大学オープンキャンパスの様子

(保健学類検査技術科学専攻ブース)

 

臨床検査技師及び、検査技術科学分野の指導者・研究者の養成

 

検査技術科学とは、医療の最も重要な情報源となる臨床検査の基本原理と方法論を修得するための学問です。

 

医療機関では、患者の疾患を診断し、治療方針を定めて治療を行う医師(歯及び口腔内においては歯科医師)が中心ですが、彼らが治療をすすめるためには多くのサポートが必要です。

 

検査技術科学専攻は、それらの中で医師が患者の疾患を診断するために最も重要な医療情報である臨床検査を行う臨床検査技師を養成することを第一の目的としています。

 

また、臨床検査の発展に欠かせない新たな検査方法の開発、そのための科学的根拠となる検査技術科学・医療科学分野研究、さらには、臨床検査技師並びに検査技術科学分野の教育をすすめていくエキスパートの養成もすすめています。

 

http://sokamoto-lab.w3.kanazawa-u.ac.jp/topics/topics3.files/image005.jpg http://sokamoto-lab.w3.kanazawa-u.ac.jp/topics/topics3.files/image012.jpg

写真:金沢大学保健学類校舎(左:保健学類正門と保健学類1号館 右:保健学類4号館)  

 

臨床検査技師の具体的な仕事の内容

 

病院などの医療機関において、臨床検査技師は、検査室などに常駐し、様々な臨床検査を行います。具体的には以下の検査があります。

 

検体検査

患者から取り出した材料(検体)で行う検査です。検体として、代表的なものとして血液、糞尿、髄液、吐しゃ物、癌などの可能性を見る場合、その組織の一部を採取したものなどがあります。これらを用いて生化学的、免疫学的、微生物学的、病理学的、血液学的、血清学的検査などを行います。

 

生体検査(生理機能検査)

患者の体に直接触れて行う検査です。患者の体の機能が正常に動いているか否かを調べます。具体的な検査として、心電図検査、超音波(エコー)検査、呼吸機能検査、脳波検査、神経検査などがあります。

 

以上の臨床検査の結果を総合することによって患者の疾患や健康状態を把握します。

 

 

写真左:検体検査に関する実習、 写真右:生体検査に関する実習(超音波 [エコー] 検査実習) 

 

 

●4年制大学の検査技術科学専攻における新たな教育の使命

 

最先端医療を牽引する指導的な臨床検査技師および、これからの検査技術科学・

医療科学分野の研究をリードする指導者、研究者の輩出を目指して

 

最近の医療の進歩は目覚ましいものがあります。それに従い、臨床検査もどんどん新たな方法が開発され、検査方法も急速に変化しつつあります。これからの臨床検査技師は、大学卒業後40年以上に渡って活躍していくためには、急速な医療及び臨床検査方法の進化や革新の最前線に立ち続けていく必要があります。

 

そのためには、ただ臨床検査の方法論のみを習得するだけでなく、医学に関する様々な基本概念や最新の医療開発やそのベースとなる研究に対して深い造詣を持ち、あるいは自ら最新の臨床検査に関する医療開発や研究にも関わり、医療の発展に大いに貢献していく人材を育成しなければなりません。

 

4年制大学の検査技術科学専攻のひとつとして、先進医療をリードしていく臨床検査学、医療科学の高度専門家・研究者を輩出するためにレベルの高い学類教育、大学院(博士前期、博士後期)教育、そして医療専門家教育を実践するとともに、その裏付けとなる世界的にもハイレベルな検査技術科学・医療科学分野の研究を行い、国際科学雑誌などに研究成果を発表しています。

 

 

写真左:検査技術科学専攻の実習風景(病原微生物学実習:3年)

写真右:臨床検査学の高度専門家・研究者育成のための教育(卒業研究:3年〜4年)

 

Copyright © 2015 Department of Laboratory Sciences, Division of Health Sciences,

Kanazawa University Graduate School of Medical Science. All Rights Reserved.