金沢大学医薬保健研究域保健学系

検査技術科学専攻Webサイト

大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻・医療科学領域病態検査学講座

医薬保健学域保健学類・検査技術科学専攻

   

トップページ

 

検査技術科学とは

 

教育内容

 

研究内容

 

メンバー

 

 

 

 

リンク

 

金沢大学Webサイト

 

金沢大学医薬保健研究域

保健学系Webサイト

 

 

研究内容  

 

本多 政夫 研究室(消化器病学 ウイルス学)

 (本多 政夫 教授 紹介)

 

 

講義

 

病原微生物(ウイルス)

 

 

研究内容

 

肝臓は人体の中で最大の蛋白質・糖質・脂質の分解・合成を行う巨大な生化学工場であり、腸管から侵入する外来抗原や細菌を含む病原体のバリアとして作用する免疫臓器でもあります。また、最近では様々な分泌蛋白を放出し生体の恒常性維持に関わる内分泌臓器であることも解ってきました。私たちは肝炎ウイルス感染や生活習慣病によってもたらされる複雑な肝病態をオミックスデータ(DNARNA・蛋白の網羅的発現データ)をもとに明らかにし、炎症・線維化そして発癌を抑制する研究を行っています。

 

 

 

卒業研究・大学院

 

研究テーマ

 

1.「C型・B型肝炎ウイルス感染症の病態研究」

 C型肝炎ウイルス(HCV)感染者数は本邦で200万人以上存在すると推定されています。近年、インターフェロン(IFN)・リバビリン併用療法に加えDirect Acting AntiviralsDAA)によりウイルス排除率を大幅に高めることが期待されています。しかしながら、耐性ウイルスの出現や副作用による治療困難例、ウイルス排除後の発癌等、様々な問題が生じると指摘されています。B型肝炎ウイルス(HBV)感染者数は本邦で100万人以上存在すると推定されています。HBVに対する有効な抗ウイルス薬は、IFNと核酸アナログ製剤に大きく分けられていますが、持続感染しているHBVの完全排除は不可能であり、HBV-DNA量を減らし、肝機能を正常に維持する臨床的治癒の状態にすることしかできないのが現状です。研究は遺伝子や細胞、モデルマウス、患者検体を用い、分子生物学、細胞生物学、免疫学、代謝生理学、癌生物学等、様々なアプローチから病態解明、新規治療法の開発に挑みます。これまでに数多くの大学院生を輩出しており、大学院生の多くが国際学会で発表をしています。

 

2.「肝線維化・発癌機序の解明と肝癌治療に関する研究」

肝線維化・発癌機構は未だ解明されていない課題が多く残されています。我々は、カルニチン、BCAAやビタミンA類導体等の薬剤、miRNA、新規標的因子の肝線維化抑制及び肝発癌抑制効果の評価及び機序の解明を行っています。さらに、新規発癌因子・発癌抑制因子のスクリーニングの確立も試みています。

 

最近の代表的な論文

 

1. Selitsky S, Honda M, Shirasaki T, Shimakami T, Kaneko S, Lemon SM, Sethupathy P et al. Small tRNA-derived RNAs are increased and more abundant than microRNAs in chronic hepatitis B and C. Scientific Reports. 2015 Jan8;5:7675

2. Shirasaki T, Honda M, Shimakami T, Murai K, Kaneko S, et al. Impaired IFN signaling in chronic hepatitis C patients with advanced fibrosis via the TGF-β signaling pathway. Hepatology. 2014 Nov;60(5):1519-30.

3. Shimakami T, Honda M, Shirasaki T, Murai K, Shiomoto T, Kaneko S, et al. The Acyclic Retinoid Peretinoin Inhibits Hepatitis C Virus Replication and Infectious Virus Release in Vitro. Scientific Reports. 2014 Apr15;4:4688

4. Honda M, Shirasaki T, Shimakami T, Murai K, Kaneko S, et al. Hepatic interferon-stimulated genes are differentially regulated in the liver of chronic hepatitis C patients with different interleukin 28B genotypes. Hepatology. 2014 Mar;59(3):828-838.

5. Shirasaki T, Honda M, Shimakami T, Kaneko S, et al. MicroRNA-27a regulates lipid metabolism and inhibits hepatitis C virus replication in human hepatoma cells. Journal of Virology. 2013 May;87(9):5270-5286.

6. Hodo Y, Honda M, Tanaka A, Kaneko S, et al. Association of interleukin-28B genotype and hepatocellular carcinoma recurrence in patients with chronic hepatitis C. Clin Cancer Res. 2013 Apr 1;19(7):1827-37.

7. Yamashita T, Honda M, Nakamoto Y, Kaneko S, et al. Discrete nature of EpCAM+ and CD90+ cancer stem cells in human hepatocellular carcinoma. Hepatology. 2013 Apr;57(4):1484-97.

8. Okada H, Honda M, Campbell JS, Kaneko S, et al. Acyclic retinoid targets platelet-derived growth factor signaling in the prevention of hepatic fibrosis and hepatocellular carcinoma development. Cancer Res. 2012 Sep 1;72(17):4459-71.

 

 

 

 

Copyright © 2015 Department of Laboratory Sciences, Division of Health Sciences,

Kanazawa University Graduate School of Medical Science. All Rights Reserved.