金沢大学医薬保健研究域保健学系

検査技術科学専攻Webサイト

大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻・医療科学領域病態検査学講座

医薬保健学域保健学類・検査技術科学専攻

   

トップページ

 

検査技術科学とは

 

教育内容

 

研究内容

 

メンバー

 

 

 

 

リンク

 

金沢大学Webサイト

 

金沢大学医薬保健研究域

保健学系Webサイト

 

 

研究内容  

 

北村 敬一郎 研究室(生理学 骨代謝学 医用工学)

 (北村 敬一郎 教授 紹介)

 

 

学類担当科目

 

生体の機能」は、人体を構成する器官,組織,細胞が持つ固有の正常な働きや機能を学ぶ科目です。病気を理解するにはまず正常を理解しなくてはなりません。

 

生理学演習」は、心電図などの計測を通し,実験及び研究を進めるための装置の配列,測定,結果の整理,資料検索,考察,レポート作成能力を養います。また、被検者として患者さんの心理を体験することも重要です。

 

医用工学概論」は、検査機器による測定に欠かせないエレクトロニクスの基礎を理解し、検査機器に使われる電気素子・電子回路の基本動作原理とその安全対策を学びます。

 

医用工学概論実習」は、テスター、オシロスコープなどの計測装置を使って電気回路の基礎と回路素子の特徴や医療用電子機器の総合特性を自分で測って確かめます。安全・正確な検査機器の保守・点検に欠かせません。

 

検査機器概論」は、臨床検査機器に使われるセンサーなどの測定原理、取り扱い上の注意を含む基礎知識を学ぶ科目です。検査機器による検査データの正しい理解に欠かせません。

 

検体検査学・免疫学臨地実習」は、病院において,血液,尿,便,脊髄液その他の検体の採取,保存,一般性状検査を見学・体験し,一般検査の意義や患者さんとの応対を学びます。また、感染症や腫瘍マーカーなど重要検査項目における陽性データの確認のための対処法や免疫検査における精度管理を体験し、プロ意識を養成します。

 

研究概要

 

地球上最初の骨組織は、古生代デボン紀の甲冑(かっちゅう)魚の甲皮で魚類のウロコはその甲皮由来の直系の子孫器官です。そして、直接骨化をする点でウロコはわれわれの頭蓋骨や鎖骨同様の膜性骨類似組織です。ヒトや動物の骨は簡単に採取や培養できませんが、ウロコは簡単に何枚でも抜き取って培養できます。また、すぐに再生もします。このウロコの特徴を利用して、われわれはウロコを骨のモデルとして「骨粗しょう症」予防などのユニークな骨代謝の研究をしています。このようなユニークな骨代謝の研究を通じて、いろいろな研究手法の獲得や論文検索さらに学会発表や英文論文発表ができる、リサーチマインドを持った臨床検査技師の育成をしています。

 

上の写真は、1枚の再生ウロコを半分に切り、左半分を骨を作る骨芽細胞のマーカー酵素により酵素染色し、右半分の骨を壊す(骨吸収する)破骨細胞のマーカー酵素で酵素染色した物を示しています。このように魚類の再生ウロコでは、たくさんの骨芽細胞と破骨細胞が表面に存在しているため培養が容易に行え、ヒトの骨ではできない骨代謝に関する実験が比較的容易にできるのです。

 

研究室のセミナー

学部生、大学院生、教員が毎週いっしょにディスカッションします。

 

 

 

最近 (20132015) の発表論文

 

Suzuki, N., Somei, M., Seki, A., Sekiguchi, T., Tabuchi, Y., Mishima, H., Kase, Y., Kaminishi, A., Yachiguchi,  K., Kitamura, K., Oshima, Y., Hayakawa, K., Yano, S. and Hattori, A.: Novel tryptophan derivatives as potentially effective therapeutic drugs to treat bone diseases.

Am. J. Life Sci., in press.

 

Suzuki, N., Ogiso, S., Yachiguchi, K., Kawabe, K., Makino, F., Toriba, A., Kiyomoto, M., Sekiguchi, T., Tabuchi, Y., Kondo, T., Kitamura, K., Hong, C., Srivastav, A.K., Oshima, Y., Hattori, A., Hayakawa, K. Monohydroxylated polycyclic aromatic hydrocarbon influences spicule formation in the early development of sea urchins (Hemicentrotus pulcherrimus).

Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol., 2015, 171:55-60.

 

Kitamura, K., Takeuchi, R., Ogai, K., Xin, Z., Chen, W., Nemoto, T., Development of a novel pulse wave velocity measurement system: Using dual piezoelectric elements.

Medical Engineering and Physics 2014, 36:927-932.

 

Yachiguchi, K., Sekiguchi, T., Nakano, M., Hattori, A., Yamamoto, M., Kitamura, K., Maeda, M., Tabuchi, Y., Kondo, T., Kamauchi, H., Nakabayashi, H., Srivastav, A.K., Hayakawa, K., Sakamoto, T. and Suzuki, N.: Effect of inorganic mercury and methylmercury on osteoclasts and osteoblasts in the scales of the marine teleost as a model system of bone.

Zool. Sci., 2014, 31: 330-337.

Tabuchi, Y., Sugahara, Y., Ikegame, M., Suzuki, N., Kitamura, K. and Kond, T.: Genes responsive to low-intensity pulsed ultrasound in MC3T3E1 preosteoblast cells.

Int. J. Mol. Sci. 2013, 14, 22721-22740.

 

Kitamura, K., Takahira, K., Inari, M., Satoh, Y., Hayakawa, K., Tabuchi, Y., Ohgai, K., Nishiuchi, T., Kondo, T., Mikuni-Takagi, Y., Chen, X., Hattori, A. and Suzuki, N.: Zebrafish scales respond differently to in vitro dynamic and static acceleration: analysis of interaction between osteoblasts and osteoclasts.

Comp. Biochem. Physiol. A, 2013, 166: 74‒80.

 

Nakashima, H., Yoshihara, A. and Kitamura, K.: Favorable and unfavorable amino acid residues in water-soluble and transmembrane proteins.

J. Biomed. Sci. Eng. 2013, 6: 36-44.

 

Yano, S., Kitamura, K., Satoh, Y., Nakano, M., Hattori, A., Sekiguchi, T., Ikegami, M., Nakashima, H., Omori, K., Hayakawa, K., Chiba, A., Sasayama, Y., Ejiri, S., Mikuni-Takagi, Y., Mishima, H., Funahashi, H., Sakamoto, T. and Suzuki, N.: Static and dynamic hypergravity responses of osteoblasts and 2 osteoclasts in medaka scales. Zool. Sci., 2013, 30: 217-223.  (Zoological Science Award(論文賞)に選ばれました。2014Jun10)

 

 

 

 

Copyright © 2015 Department of Laboratory Sciences, Division of Health Sciences,

Kanazawa University Graduate School of Medical Science. All Rights Reserved.