金沢大学医薬保健研究域保健学系

検査技術科学専攻Webサイト

大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻・医療科学領域病態検査学講座

医薬保健学域保健学類・検査技術科学専攻

   

トップページ

 

検査技術科学とは

 

教育内容

 

研究内容

 

メンバー

 

 

 

 

リンク

 

金沢大学Webサイト

 

金沢大学医薬保健研究域

保健学系Webサイト

 

 

研究内容  

 

岡本 成史 研究室(細菌学 ウイルス学 免疫学)

 (岡本 成史 教授 紹介)

 

 

講義・演習・実習(担当科目)

講義:微生物学総論(2年前期)・病原微生物学(細菌学;2年後期)、

免疫学(2年後期)

演習:細菌毒素論(3年前期)

実習:病原微生物学実習(3年前期)

 

微生物学・免疫学は、感染症発症の原因である病原微生物の人体(宿主)への感染と、その感染の成立の阻止ならびに人体外の異物の侵入を排除しようとする生体の防御機構、すなわち免疫応答のそれぞれのメカニズムを理解することを目的とします(下図)。それぞれの性状に関わる病原因子や免疫分子とその機能を理解することにより、それらを応用して確立された双方の分野に関する臨床検査法の概念を理解することができます。

 

http://sokamoto-lab.w3.kanazawa-u.ac.jp/education/education1.files/image004.png

 

 

卒業研究・大学院での研究内容

 

ウイルス・細菌の混合感染による感染症重症化と分子生物学的機構

 

感染症の発症は一般に単独の病原微生物によって引き起こされていると考えられています。しかし、複数の病原微生物の感染によって発症する、もしくは重症化する感染症も考えられます。例えば、インフルエンザによる死亡原因の1つである肺炎は、インフルエンザウイルスの肺での感染・増殖によることもありますが、多くの場合、インフルエンザウイルス感染後に細菌が2次感染することによる細菌性肺炎によることが知られています。しかし、このウイルス細菌の混合感染による感染症の重症化のメカニズムについては、ほとんど明らかでないのが現状です。

 

我々は、現在感染症法の5類感染症に指定され、患者数の増加が懸念されている劇症型A群レンサ球菌感染症(致死率3060%A群レンサ球菌の感染が原因、 毒素様ショック症候群、敗血症、壊死性筋膜炎などを発症する)に関する研究をすすめてきました。その中で、インフルエンザウイルスとA群レンサ球菌との混合感染によって、劇症型感染症を発症することを明らかにし、そのメカニズムの一端を明らかにしました (Okamoto S et al., Journal of Virology, 77:4104-4112, 2003; Okamoto S et al., Infection and Immunity 72:6068-6075, 2004, etc.)

 

このような混合感染による感染症の重症化が他にも存在するか否かを明らかにし、存在する混合感染の組み合わせについて、その重症化に至る分子生物学的メカニズムを解析します。

 

 

http://sokamoto-lab.w3.kanazawa-u.ac.jp/study/study1.files/image006.png

  

 

●日和見感染症発症に関与する病原微生物の探索と性状解析

 

先端医療の発展により日本国民の平均寿命は男女とも80歳を超えるまでになり、それに伴って高齢者に対する健康的生活の保障及び生活の質の向上を求める動きが高まると共に、生活習慣病をはじめとした慢性疾患に罹患している有病者や、要介護者に対する健康的生活の構築も急務となっています。高齢者、有病者、要介護者は、免疫力の低下により易感染性宿主になっていることが多いことが知られております。その結果、若中年層の健常人と比べて日和見感染症の発症率が高く、健康的生活の保障及び、生活の質の向上の大きな障害となっています。

 

日和見感染症発症の原因微生物の多くは弱毒性の細菌や真菌です。これまでの病原微生物学研究の対象となっていたものの多くは強毒性の病原性微生物であり、そのフォーカスから外れていた多くの日和見感染症の原因微生物に関する分子生物学的性状や病原性発現に至るメカニズムはほとんど明らかにされていません。

 

我々は、新たな研究企画として、日和見感染症の原因となる弱毒性微生物の収集を行い、それらの微生物の分子生物学的・生物学的特徴の検索の立ち上げを検討しています。上記の研究を遂行することにより、日和見感染症発症のメカニズムを明らかにすると共に、その治療・予防対策への応用につながるようにしていきたいと考えています。

 

この研究は本研究室岡本教授がリーダーとなって保健学系5専攻、健康増進科学センターおよび、金沢大学病院との共同参画によって進めていく新たな研究プロジェクトとして、本学の重点研究プログラムである、「先魁プロジェクト(異分野融合型本格研究)」に組み込まれています。

 

(金沢大学超然プロジェクト・先魁プロジェクトのWEBサイトへ)

(金沢大学医薬保健研究域附属健康増進科学センターのWEBサイトへ)

 

 

  

 

 

 

岡本研究室の大学院生と卒業研究生(20161月撮影)

 

 

最近の研究論文

1.     Yamada H, Nagase S, Takahashi K, Sakoda Y, Kida H, Okamoto S. Toll-like receptor 9 ligand D-type oligodeoxynucleotide D35 as a broad inhibitor for influenza A virus replication that is associated with suppression of neuraminidase activityAntiviral Research 129:81-92, 2016.

2.     Yamada H, Nagao C, Haredy AM, Mori Y, Mizuguchi K, Yamanishi K, Okamoto S. Dextran sulfate-resistant A/Puerto Rico/8/34 influenza virus is associated withthe emergence of specific mutations in the neuraminidase glycoprotein. Antiviral Research 111(2):69-77, 2014.

3.     Haredy AM, Yamada H, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Omasa T, Ohtake H, Mori Y, Kida H, Okamoto S, Okuno Y, Yamanishi K. Neuraminidase gene homology contributes to the protective activity of influenza vaccines prepared from the influenza library. Journal of General Virology 95(11):2365-2371, 2014.

4.     Haredy AM, Takenaka N, Yamada H, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Omasa T, Ohtake H, Mori Y, Kida H, Yamanishi K, Okamoto SAn MDCK cell culture-derived formalin-inactivated influenza virus whole-virion vaccine from an influenza virus library confers cross-protective immunity by intranasal administration in mice. Clinical and Vaccine Immunology 20(7):998-1007, 2013.

5.     Yamada H, Moriishi E, Haredy AM, Takenaka N, Mori Y, Yamanishi K, Okamoto S. Influenza virus neuraminidase contributes to the dextran sulfate-dependent suppressive replication of some influenza A virus strains. Antiviral Research 96(3):344-352, 2012.

6.     Tanimoto T, Haredy AM, Takenaka N, Tamura S, Okuno Y, Mori Y, Yamanishi K. Okamoto S. Comparison of the cross-reactive anti-influenza neutralizing activity of polymeric and monomeric IgA monoclonal antibodies. Viral Immunology 25(5):433-439, 2012.

7.     Tang H, Moriishi E, Okamoto S, Okuno Y, Iso H, Asada H, Yamanishi K, Mori Y, for the Shozu Herpes Zoster (SHEZ) Study group. A community-based survey of varicella-zoster virus-specific immune responses in the elderly. Journal of Clinical Virology 55(1): 46-50, 2012.

8.     Kawai T, Saito M, Nishikomori R, Yasumi T, Izawa K, Murakami T, Okamoto S, Mori Y, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Wada T, Yachie A, Ohmori K, Nakahata T, Heike T. Multiple reversions of an IL2RG mutation restore T cell function in an X-linked severe combined immunodeficiency patient. Journal of Clinical Immunology 32(4): 690-697, 2012.

9.     Okamoto S, Matsuoka S, Takenaka N, Haredy AM, Tanimoto T, Gomi Y, Ishikawa T, Akagi T, Akashi M, Okuno Y, Mori Y, Yamanishi K. Intranasal immunization with formalin-inactivated human influenza A whole-virion vaccine alone and with split-virion vaccine with mucosal adjuvants show similar cross-protection. Clinical and Vaccine Immunology 19(7):979-990, 2012.

10.  Okamoto S, Yoshii H, Matsuura M, Kojima A, Ishikawa T, Akagi T, Akashi M, Takahashi M, Yamanishi K, Mori Y. Poly-γ-glutamic acid nanoparticles and aluminum adjuvant used as an adjuvant with a single dose of Japanese encephalitis virus-like particles provides effective protection from Japanese encephalitis virus. Clinical and Vaccine Immunology 19(1): 17-22, 2012

 

 

詳細については、以下のページをご覧下さい。

(ページ名をクリックするとご覧になれます)

 

 

岡本成史研究室ホームページ

 

 

Copyright © 2015 Department of Laboratory Sciences, Division of Health Sciences,

Kanazawa University Graduate School of Medical Science. All Rights Reserved.